【トレードがなかなか安定しない人は〇〇と〇〇を特に意識してトレードしてください】『その1』

 

どーも、福沢です。

 

色々とバタバタしてまして

ブログの更新が一週間以上空いてしまいました^^;

 

関東では、3日前?4日前?の大雪の影響がまだ残っていますね。

 

都心部では、23cmの積雪を記録したそうで

20cm越えの積雪は実に4年ぶりだそうです。

 

その影響で、渋滞や事故もかなり多発してるので

皆さんも注意してくださいね。

 

3日経った今でも、僕の家の前の道路も凍結していてかなり滑りますし

都心部の人はあまり積雪状態の路面に慣れていないせいなのか

早歩きで歩いて、結構みんなツルツル滑ってます^^;

 

実際、僕も歩いていて何度も滑って転びかけましたが

それと引き換えに滑らない歩き方のコツみたいなのをなんとなく掴みました 笑

 

 

と、まぁそんなことは置いといて、、、

本題に入ります。

 

さて、今日はですね

「なかなかトレードが安定しない」という人に向けてです。

 

一応、チャートの正しい見方はできているし

そこに対するエントリーの仕方も悪くない、、、

なのに、いまいちトレードが安定しない。

という人が結構いるんですよね。

 

ちなみに、ここでいう「トレードが安定しない人」とは

勝てる月もあるけど、負ける月もあり

決して大きくは負けてないんだけど

三ヶ月や半年スパンでみると微益もしくは、負けている人のことです。

 

僕が見てきている限り

この人たちにはあるダメな共通点があるんです。

 

それが、タイトルにもある〇〇〇〇の部分になるんですが

これが出来ない人が本当に多いです 笑

 

じゃあその〇〇〇〇はなんなのか?というと

ズバリ、【波の動き方のイメージ】【適切な利確目標の設定】です。

 

先ほども言った通り

ラインの引き方や、MAの使いは悪くないんです。

 

悪くないんですけど、そのラインやMAに対する

【波の動き方のイメージ】【適切な利確目標の設定】

上手くできていないので、「波の動き方をもっとしっかりとイメージできていれば

損失を出しやすい無駄なトレードがかなり減るのにな〜」とか

「もう少しだけ利確の設定が良かったらもっと利益を引っ張れるのにな〜」

とか、常々感じてます、、、

 

本当に、こういう人たちって惜しいんですよ。

あと、ほんの少しこの部分を修正するだけで間違いなく成績は良くなるはずなのに

僕が「ここは、こう判断するべきだよ」と言っても

いざ、実際の相場を目の前にしてリアルトレードをすると

エントリーする場所をとにかく探しすぎて、そのことがすっぽり頭から抜けてしまっている人や

焦ってトレードしてしまって結果損失を出してなかなか安定しないっていう人が本当に多いです 笑

 

「あ〜、俺(私)のことだ、、、」って思う人いないですか?

 

もし、当て嵌まる人がいたら

今回は特にしっかり集中して読み進めていってくださいね。

ちょっと気合を入れて、大事なことを話していきます^^

 

 

で、先ほども話した通り

ある程度ラインが引けて、MAの使い方もだいたいは理解している人が

トレードをガッシリと安定させるために、足りない部分は

【波の動き方のイメージ】【適切な利確目標の設定】って言いましたが

いきなりそんなことを言われても、「なんじゃそれ!?」ってなりますよね 笑

 

なので、一つずつ説明していきますね。

まずは【波の動き方のイメージ】からです。

 

ここでいう、この【波の動き方のイメージ】っていうのは

『そのラインに対して、どういう波を作って伸びていくか?というイメージ』のことで

これがしっかりと出来ていないと、先ほども言った損失を出す可能性が高いトレード

つまり、無駄なトレードがどうしても多くなってしまうんです。

 

そうなると、『全体のトレードの質』がどうしても落ちてしまい

結果、トータルで見るとトレードが安定せず、なかなか右肩上がりで資金が増えていかない

ということに繋がるんですよね。

 

なので、その損失に繋がる無駄なトレードを極力減らすためにも

波の動き方をしっかりイメージして、その無駄なトレードを

避けなければいけないんです。

 

ひいては、それが『トレードを安定させる』ということにも繋がってきます。

 

じゃあ、肝心のその【波の動き方のイメージ】はどうやるの?

っていうことですが、分かりやすいように時系列で説明していきますね。

 

まずは⬇︎のチャート画像を見てください。

(⬆︎クリックで拡大)

 

(見やすくするためにいつもよりローソク足をアップにしています)

 

一番右端が現在のレートで、今は「上目線」と仮定してください。

そして、上目線のなか水色ラインが引けて

「ここで止められて下げるのか?」、「ここを上抜けて上がっていくのか?」

というところですよね。

 

この時、まず考えなければいけないのは『水色ラインの上抜け方』です。

 

ラインの抜け方にはいくつか種類があるのですが

大きく分けるとたった3種類しかありません。

(細かく分ければ、もっと色んな種類がありますが^^;)

 

で、この「ラインの抜け方」が重要なのか?というと

実際はそこまで重要ではなかったりします 笑

 

なぜかというと、大事なのは「抜けた後の動き方」なので

その前の、「ラインの抜け方」についてはそれほど注視する必要がないんですよね。

 

まぁ、ラインの抜け方によっては

「こういうふうにサポートされる可能性が高い」というのはありますが

例え、それを知って予想できたところであまり意味がありません^^;

 

いつも言っている通り、大事なのは必ずチャート上に起こった

『事実』に従ってトレードをしていくことで

決して『予想』を基にエントリーや決済をしていくことじゃないので

本当に、意味がないんです 笑

 

『予想』はどこまでいっても『予想』ですし

どんな正確な『予想』をしようとも絶対に『事実』には勝てません。

 

簡単に言うと「普通のじゃん拳」「後出しじゃん拳」の違いです。

 

どんな、じゃん拳の達人でも後出しじゃん拳をされると

相手が子供でも絶対に勝てませんよね?

 

つまり、そういうことです 笑

 

ちょっと分かりにくい例えですが

予想=「普通のじゃん拳」

事実=「後出しじゃん拳」と捉えてくだいさい。

 

要は、どんなに高い精度で相場の動きを予想できても

実際にチャートに起こった動きをしっかり確認してから

トレードした方が、絶対に勝ちやすいよね。

ってことなんです。

 

自分で書いてて「じゃん拳」の例えはちょっと違うかな?

と思ってきましたが、とりあえず言いたいことは

予想よりもチャートに実際起こった事実を重視してくださいね。

っていうことです 笑

 

もちろん、事前にシナリオを立てておくという意味の予想は大事なので

そこは間違って捉えないように気をつけてくださいね^^

 

 

とはいえ、「ラインの抜け方も一応知っておきたい!」

という人もいるかなと思うので、この機会にパパッと紹介していきますね。

 

①、『そのまま抜けるパターン』⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

 

②、『一度ラインで止められて戻しが入ってから抜けるパターン』⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

 

③、『ラインで止められつつレンジを作ってから抜けるパターン』⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

大きく分けると「ラインの抜け方」っていうのはこの3種類です。

もっと細分化するとこの他にもいろんな種類がありますが

先ほども言ったように、ここらへんはあまり意識する必要はありません^^;

 

 

だいぶ、話が脱線してしまったので話を戻します。

「水色ラインを抜ける前でこれからどうなるか?」というところからでしたよね。

 

で、その後どうなかったかというと、、、

 

こんな感じで動きました⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

先ほど「ラインの抜け方」のところで話した

②、の『一度ラインで止められて戻しが入ってから抜けるパターン』

水色ラインを上抜けてきましたね。

 

この時点で、ようやく本格的に考えなければいけないのが

今回の本題でもある【波の動き方のイメージ】なんですよね。

 

ここから少し気合を入れて監視しなければいけません 笑

 

先ほども言いましたが、「波の動き方のイメージ」っていうのは

『そのラインに対して、どういう波を作って伸びていくか?というイメージ』なんです。

 

なので、この水色ラインに対して、どうサポートされて

どういう波(動き)を作って伸びていくか?っていうのをしっかりイメージをした上で

トレードしていかなければなりません。

 

じゃあ、「どうやってその波の動きをイメージするの?」っていうことなんですが

まず、そういう波の動きをイメージをするためには

「そもそもどういう波の動きが伸びやすいのか?」ということを

知っておかなければいけません。

 

これは、ある程度経験を積んでいくと

伸びやすい波の動き方っていうのは自然に分かってくるのですが

まだまだ経験が浅く「どういう波の動き方が伸びやすいのか分からない」

という人もいると思うので

ついでに『伸びやすい波の動き方』も少しだけですが紹介していきます^^;

 

例えば、こういう波の動き方であったあり⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

はたまた、こういう波の動き方だったり⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

これらの波の動き方のパターンがなぜ伸びやすいのか?

という説明は、かなり長くなってしまうのでまた別の機会にしますが

簡単に言うと、全て『買い手と売り手の攻防』による結果なんですよね。

 

(実際にエントリーをするときには

これらの波の動きにプラスしてMAも絡めてさらに精度を上げます)

 

また、前回の記事でも軽く説明&解説した

『アーチ状のパターン』も伸びていきやすい波の動き方の一つです。

 

前回の記事を読んでいないという方はこちら⬇︎

【2018’1/10のトレード】 豪ドルドル 《+656,500円 (+25.6pips)》

(⬆︎クリックで前回の記事へ)

 

そして、この「伸びていきやすい波の動き方」のその最たる例が

『5つの奥義』に書かれているエントリーパターンになるんですよね^^

 

なので、「ただサポートされて、MAも抜けてきたから機械的にエントリー!」

じゃなく、こういった「波の動き方」を常にイメージしながら

トレードしていってもらいたいんです。

 

その方が、冒頭でも言ったようにエントリーの精度も上がるし

何より、損失を出す無駄トレードが減り、本当に明らかにトレード成績が向上するんです。

 

特にこの「無駄なトレードが減る」っていうのは

トータルで見ると、思いの外かなりデカイです。

 

トレードって「いかに利益を多く取るか?」が重要だと思われがちですが

実は、「利益の方を増やす」っていうのはガチで難しいんです^^;

 

それこそ、今より少し成績を上げようとするだけでも

半年とか年単位の時間が平気で掛かってしまいます。

 

それだったら「損失を出しているトレード」を徹底的に排除していく方が

比べものにならないくらい簡単だし、何よりかなり短期間で効果が目に見えて現れます。

 

要は、利益を増やそうとするよりも損失を減らす方が

ガツン!とトレードの成績を底上げをしてくれるんですよね。

 

だから、トレードをしっかり安定させるためには

絶対に【波の動きのイメージ】を意識しながらトレードしていかないとダメなんです。

それが、無駄なトレードの排除に繋がり

ひいては「トレードの安定」「成績の向上」に繋がります。

 

『損を減らすと、自然に利益が増える』

トレードを安定させるためにはこの考え方がめちゃくちゃ大事です。

 

こういった、「伸びていく波の動き」っていうのは

他にもまだまだ種類があって、さすがに全てをここで話すということは

できないので、例として2つほど軽く紹介しましたが

こういった類の「伸びていく波の動き」をイメージをしつつ

忘れかけていた、実際の相場のその後の動きを見ていきましょう。

 

その後⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

残念ながら「ここからガンガン上げていきそう!」という

波の動き方ではないですが、それでもいい感じで戻しが入ってきて

水色ラインでサポートされるかどうか?というところですね。

 

もし、ここからMAを上抜けてくれば買いで入れますよね^^

 

ここからは、いつも言っている通りなのでパパッといきますよ〜 笑

 

で、その後はというと、こんな感じ⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

その後、MAを上抜けてこず、、、

当然エントリーはできないし、するべきところではないですよね。

 

で、あとは画像の通りの動き方なんですが

ここで、ようやっと伸びていきやすい波の動きの出現ですね。

 

「どこが伸びて行きやすい波の動き」で

「それが、なぜ伸びて行きやすい波の動きなのか?」はもう散々言ってきてるので

僕の読者さんなら、これらに対する答えは分かるはずです 笑

 

ちなみに、赤矢印で買いでエントリーができるんですが

そのエントリー理由も分かるはず。

 

どうしても、「分からない!」という人は

もう一回ラインの指南書を読み返してください^^;

 

ただ文字を目で追って読んだ気になるだけじゃなく

しっかりと理解して頭に定着させてくださいね。

 

「ラインの指南書」⬇︎

【ラインの指南書】

 

で、またまたその後⬇︎

(⬆︎クリックで拡大)

 

しっかりと伸びて行きましたね。

 

先ほども言いましたが、伸びていきやすい波の動きは

僕の知る限りでも本当に多くのパターンがあるので

今回は例題として、この波の動きのパターンで説明しましたが

たとえ、これが他の波の動きのパターンでも同じです。

 

こんな感じで、「伸びていきやすい波の動き」というのを

常にイメージしてきながら、トレードしていくんです。

 

本当にこれを意識してトレードしていけば

綺麗事抜きに、自身のトレードを少なくとも今よりは

安定させられるはずですから。

 

なので、トレードがなかなか安定しないと悩んでる人は

今回話した『波の動き方のイメージ』をこれでもか!

というくらい意識してトレードしていってくださいね^^

 

 

さて、続いては【適切な利確目標の設定】について

話していこうかと思ったんですが、少し長くなりすぎたので

一旦ここで区切ります^^;

 

【適切な利確目標の設定】については必ず

また近いうちに書きますので、今回はこの辺で失礼します!

 

では、また次回!

 


本気で勝ちに行くための【福沢のメール講座】をこちら⬆︎から受けてください


僕が長年愛用してる口座はこちらです⬇︎


⬆︎のリンクからリアル口座を開設すると無条件で3,000円が必ず貰えます

さらに入金額に応じた入金ボーナスも最大500,000円程貰えて

めちゃくちゃオススメなので、とりあえず開設しておいた方がいいです^^

さらに、僕のブログからXMの口座を開設すると

今なら僕がトレードに使っている「5つの奥義」を無料でお渡しします

詳細はこちら⬇︎

「福沢がトレードに使っている5つの奥義」

(※3,000円と入金ボーナスを貰えるのはスタンダード口座、マイクロ口座のみ)


より有益で濃いものを提供していくので応援お願いします

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村 


為替・FXランキング

⬆︎両方一回ずつクリックしてください^^


 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。