〜ドル円の今後の戦略〜具体的な勝ちに行くための攻め方

 

こんにちは、福沢です。

今日は、日曜日で相場は動いてないですが、ドル円の今後の展開についてトレードをするべきではない場所、逆に自信を持ってエントリーしても良い具体的な場所などを話していこうかなと思います。

では、さっそくドル円の日足です⬇︎

う〜ん、安値も切り上がってきていますが、高音も切り下げてきていて

いまいち全体的な方向感がなく、かなりやりにくいですね 笑

が、直近で言うと白いレジサポラインとMAも上に抜けてきていて狙いたい方向的には上ですね

なので現時点では基本的にロングをできる場所を探す作業になりますが気をつけなければいけないことがあります。

⬇︎のチャートを見てください

ここで気をつけたい事は2点あります。
一つは高音が切り下がってきているということ

もう一つは黄色ライン付近で上値を抑えられて下げてくる可能性があるということです。

ようは、「当然売りで入るべきではないが、買いもそこそこ厳しいよ」ということです。

高値をこれだけ綺麗に切り下げてきていると、現段階ではなかなか上には行きづらいし、少し上に行ってもすぐに下げ戻してきたりします。

だからといってこの局面での売りはもっと危険だし、自分から負けに行くようなものです 笑

なので、この時点では伸ばすことは考えず、短期で取っていくことに徹します。

次は短期足を見ていきながらで
伸びる、なおかつ損切りを浅くできる場所はどこか

という考えのもと、買いで入れそうな場所を探していきます。

といことで4時間足です⬇︎

4時間足で見ると、まずここから狙いたい動きが一度白ラインまで戻ってきてそこから

白ラインでサポートされてからの上げです。

イメージでいうとこんな感じ⬇︎

実際にどう動くかは先のことなのでわかりませんが

イメージ的には矢印のポイントで入って赤い線の動きが狙うべきポイントです。

ここにMAがいい感じにサポート側に回って下支えしてくれればより上に行きやすいです。

ちなみに下支えされる際のパターンはWボトムや逆三尊など一度白ラインを抜けてから再び戻ってきて伸びていくパターンなど、色々あるんですが

とりあえず、重要なのはどんな形であれ
白ラインでサポートされる

   ⬇︎

そこからの上げ

この構図です。
これが、一番利益を出しやすく、勝ちに行くための基本的なエントリーの仕方です

なのでまずこの構図を絶対に覚えてください。

この構図を覚えると、基本的にどの相場にも使えますし、負けにくくなります。

そして、白ラインと黄ラインを抜けた場合のシナリオはこうです⬇︎

白い点線の動きでは絶対にエントリーを避けて矢印でエントリーして赤い線の動きを狙います。

基本的には先ほどと同じです

どちらもレジサポラインを一度抜けて戻ってきて抜けたラインに支えられ伸びていく。

先ほどの基本的な構図と同じです。

過去のチャートを見れば分かると思いますが、相場は基本的にこういう波を描きながら上に行ったり、下に行ったりします。

なので、その波を利用して、常に勝ちやすく伸びていくポイントのみを攻めていくんです。

さらに、これを前提にしてMAを絡めていくとより勝てる精度がかなり高くなります。

ここが結構大事だったりします

波の構図に対してMAを絡めていく

決してMAを先に持ってくるのではなく、まず波なんです。波の動き方があり、それにMAを合わしていくんです。

ここの順番は大事なので絶対に間違えないでください。

と、まぁざっくりとドル円の今後の攻め方はこんな感じですが、相場が予想した通りに動かないとしてもまた違う戦略をその動きに合わせて臨機応変に変えていくんです。

実際に相場はどう動くはわかりませんが常に戦略を立てておく事はめちゃくちゃ大事ですし、それが経験値のアップに繋がるので毎日戦略を立て続けてください。

そのほうが何も考えず相場を見てるより格段に成長スピードが早いです。

では今回はこの辺で 笑


本気で勝ちに行きたい方はこちらから僕のメール講座を受けてください。

僕の考えや、実際にリアルタイムの相場を観ながら今どういう動きを待っていて、どういう動きになったらエントリーや決済をしていくかなど、より細かく具体的なことを配信しています

メール講座の詳細はこちらです⬇︎

勝ちに行くためのメール講座


より有益で濃いものを提供していくので応援お願いします

応援する

応援する

どちらも一回ずつクリックしていただければ幸いです


 

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。