勝てない人はまず流れに乗る「感覚」を身につけてください

 

どーも、福沢です。

ちょっとバタバタしていて3日ぶりの更新になっちゃいました^^;

 

今日はタイトルにもある通りです^^

 

僕のマニュアルを読んで、どこどこで勝てました!とお礼のメールをちょいちょい頂くんですが

その内容を見ると、本来入るべきではないとこで入ってたり

ん?これはちょっとおかしいぞというようなトレードがちらほらあって

前提である「流れに乗る」という部分を忘れてる方が結構いたので

今日は改めてそこにフォーカスして話していこうかなと思います^^;

 

大事なのは単に勝てたということではなく

僕のマニュアルをしっかり理解した上で勝てたか?ということなんです

 

目先の利益だけでなく永続的な利益を得るには

間違った勝ち方をするのではなく、理解した正しい勝ち方をしなければなりません

 

で、その正しい勝ち方というのが

僕が思うには「流れに乗ったトレード」ということなんです

 

「じゃあその流れに乗るってどういうことなの?」っていうことなんですが

これは結構ブログやメール講座やそれこそマニュアルでも話してきましたが

あまり伝わってなかったみたいなのでもう一回!話します 笑

 

分かりやすいようにリアルタイムのチャートを使いましょうかね

⬇︎のチャートは今のポンド円(5分足)です

これを見てまず考えるのが、

「安値を切り上げてきているし白ライン上抜けから

サポートされて上げていくところを狙おう(赤線の動き)」だと思います

 

基本的なエントリーの戦略自体は間違ってはいません。

が、問題は果たしてこれは流れに乗れているのかどうか?という点なんです。

 

エントリーの根拠自体もいうまでもなく大事なんですが

そのエントリーの精度をあげて勝ちやすくするには

やはり、その土台となる相場の流れというものが必須になってきます

 

例えばですが、同じようなエントリーポイントがあったとします。

一つは、流れが出ていてその流れに乗るようなポイント

もう一つは、流れが出ておらず逆張りになるようなポイント

 

それまでの相場の流れ自体は違うのですが、エントリーの根拠というか

ポイントとしては同じようなところでこの2つを比較した時にどちらが勝ちやすいか?

と聞かれれば、やっぱり前者の流れに乗るポイントになるんですよね^^;

 

相場にはそもそも「流れ」というものがあるんで

絶対にそれを利用してやったほうがいいんですよ 笑

 

で、さっきの画像で流れに乗れているか?というのを確認するために長期足を見てみましょう

⬇︎の画像が1時間足になります

どうでしょう?

これを見てさすがに流れは上だ!という人はいないと思います 笑

全体的には微妙ですが直近で見れば明らかに流れは下ですね

 

まず、流れを把握して

それから、じゃあ売りで入るにはどうしたらいいのか?というのを

ここで初めて考えるんです。

 

エントリーポイントを探すことを先に持ってくるのではなく

先に相場の本来の流れを把握するんです

ここの順番が逆になってはダメなんですよね

 

という風に考えると、まずここから狙いたいのが

大雑把ですが赤線の動きになってくると思います

 

そして、これらを踏まえてもう一度

5分足を見てみましょう⬇︎

一応もう一度言っておきますね

流れは下で、その中で短期を使ってタイミングを取っていくんです。

 

短期足を使ってのタイミングの取り方は何通りもありますが

基本的にここでは売りを狙っていくという戦略になります

(分かりにくいですが画像に書いた赤、黄、青は狙いたい動きの一部になります^^;)

 

勝てていない人は特になんですが

こういう感じでまずは相場の流れに乗る「感覚」というのを身につけてもらいたいんです

 

冒頭でも言いましたが「勝てる」ということ自体はいいことなんですが問題はその「勝ち方」です

しっかりと相場の流れを利用してやると勝ちやすいし、伸ばしやすくもなるんです。

 

なので、「エントリーポイントを探す」というより

まずは「流れ」を重視して相場を観ていってくださいね^^

 

まだまだ書きたいことはありますが

とりあえずこの辺にしておきたいと思います 笑

では!

 


本気で勝ちに行きたい方はこちらから僕のメール講座を受けてください

僕の考えや、実際にリアルタイムの相場を観ながら今どういう動きを待っていて、どういう動きになったらエントリーや決済をしていくかなど、より細かく具体的なことを配信しています

メール講座の詳細はこちらです⬇︎

本気で勝ちに行くためのメール講座


より有益で濃いものを提供していくので応援お願いします
応援する
応援する
どちらも一回ずつクリックしていただければ幸いです

 

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。